現在白馬で撮影が行われている映画「銀色のシーズン」のエキストラの募集が行われています。
平日も撮影は行われていますが、3月10日(土)、11日(日)は大会のシーンとのことで、
大人数の募集が行われています。
興味のある方は下記のHPからエキストラ登録できます。

HP:白馬観光局

私も登録しましたが、なかなか行けないでいますmm
10日か11日に行こうかな?

安曇野は快晴。
出張前豊科駅で。

今日は東京へ出張でした。
どこか他に撮りに行きたかったな^^

自宅近くでの撮影です。
フキノトウが顔を出し。わずかですが、芝桜も咲いていました。

夕方、お茶しに立ち寄ったケーキ屋さん、「ポークワパ?」さんです。
?マークもお店の名前の一部です。フランス語で”いいんじゃない”と言う意味だそうです。
ジャンセン美術館の斜め向かいにあります。

抹茶のシフォンケーキをいただきました。

狐島の田んぼも確認して来ましたが、そちらには10羽ほど。
こちらには100羽ほどでしょうか?かなり少なくなってました。
豊科側のほうが多かった。

安曇野市のHPによると、23日現在682羽とのこと。この週末でもっと減ったのかな?

今日の穂高の日中の気温は、2.5℃(アメダスのデータより)
天気予報では晴でしたが、曇り空に、時折雪が舞う空。
風もあり、寒い一日。
午前中、studio03さん設計のオープンハウスを見学に。
一見窓は?
と思ってしまう家。
入ってみてみて、なるほどなるほど^^
小さな所までこだわりが見える。
いいですね。

HP:studio03

その後は、豊科白鳥湖へ。
200羽ぐらいでしょうか、まだまだ残っています。
工事もまだまだ、3月いっぱいまで。

こちらは、穂高神社で撮影した白梅。
咲き始めたばかり。

白鳥たちの北への旅がはじまったそうです。
例年より少々早め。
寂しくなりますね。

白鳥を撮影した田んぼの畦道に咲いていました。


毎年撮影しているな。
昨年は11日の撮影でした。
□オオイヌノフグリ
ヨーロッパ原産の帰化植物。路傍や畑の畦道などにみられ、春コバルトブルーの花をつける。花弁は4枚。花の寿命は1日。葉は1-2cmの卵円形で鋸歯がある。草丈10-20cm。名前のフグリとは雄犬の陰嚢のことで、実の形が似ていることからこの名前が付いた。

スイス村近くの畑です。
豊科白鳥湖の子達です。夜になると白鳥湖へ帰っていきます。


ここ数日は、この畑で過ごしていたようです。

今日の穂高の気温です。(アメダスのデータから)
 7時: -7.4℃
15時: 14.4℃
気温差、21.8℃。ゲゲ。
室内で仕事をしているので日中の気温は気づきませんでした。
こんなに暖かかったとは。
この気温差。めったに無いことでしょうね。