トットちゃん広場のオープニングセレモニーを見てきました。
黒柳さんも来るのかなと思いつつ。
この時は中に入れなかったので通りからの撮影です。
azumino_20160723_01.JPG
皆さんの長いお話の後、テープカット。山田洋次監督も参加されてます。
azumino_20160723_03.JPG
チンドン屋さんが現れて、電車の方へと。
聞こえてくる声は、黒柳さん。
電車の窓から顔を出されてお話していた。窓ぎわのトットちゃん。
招待された子供たちでしょうか、電車の中には子供たちも。
一緒に窓ぎわから顔をだしていた。
途中から中に入っていいですよと、電車の前まで移動。
黒柳さんの姿も良く見えました。
チンドン屋さんの話や、子供のころのお相撲をとった時の話など。
面白かった^^
azumino_20160723_04.JPG
azumino_20160723_02.JPG
最後におもちの振る舞い。
山田洋次監督の投げたおもちをゲット^^v
azumino_20160723_05.JPG
黒柳さんの姿も撮影しましたが、アップするのは控えておきます。
わずかな時間でしたが、楽しい時間となりました。
公園の様子は、またいつか撮影に行きたいと思います。
HP:信濃毎日新聞

夕方見てきました。
オープンは明日13時からです。
azumino_20160722_02.JPG
当然まだ中には入れませんので通りからの撮影です。
azumino_20160722_01.JPG
azumino_20160722_03.JPG
24日には、オープンイベントがあるそうです。
詳しくは、トットちゃん広場のHPで確認ください。
HP:トットちゃん広場 オープニングイベント

森のおうちで開催中の「震災で消えた小さな命展 Part3」を
見てきました。
AZUMINO_20160116_01.JPG
震災で消えた小さな命展
 「 東日本大震災だけでなく、ここ数年の大きな災害で、 家族同様の動物を亡くされた方からの申込みをもとに 絵本作家やイラストレーターが描いた原画展」
原画の展示とともに、依頼者の思い、震災当時の状況、作家の思いが書かれた
パネルの展示もあります。その思いが伝わって、胸が苦しくなりました。
同時に、江口みつおき絵本原画展が行われています。
こちらは、絵本「チーコのくれた宝物~こねこの物語」の原画と物語が
書かれた展示です。
我が家からいなくなってしまった猫を思いながら見ていました。
帰って来て欲しいと思いながら。
この企画展は、1月25日までです。
HP:森のおうち

絵本美術館 森のおうちで行われる企画展です。
azumino_20151118_01.jpg
azumino_20151118_02.jpg
震災で消えた小さな命展とは、
東日本大震災で犠牲になった動物たちの絵を展示した展覧会です。
飼い主さんからの依頼を受けて、日本、海外、約100名の絵本作家、
イラストレータ、画家が、亡くなった動物たちを描きました。
描かれた絵は、展覧会終了後、飼い主さんのもとに送られます。
Part2は、2012年12月に森のおうちで見てきました。
絵とそこに添えられた言葉を読むと目頭が熱くなりました。
今年3月に東北を回った時に、立ち寄った大槌町のシーサイドタウンマストで偶然行われていました。
その時は、時間がなく足早に見て回りました。
森のおうちにも見に行こうと思っています。
場所:絵本美術館 森のおうち
会期:2015年11月20日~2016年1月25日
森のおうち周辺では、道路工事による、通行止めとなる区間があります。
森のおうちのHPに迂回路について書かれています。
そちらをご確認ください。
HP:震災で消えた小さな命展
HP:絵本美術館 森のおうち

今日の最低気温は、3.5℃。最高気温は、24.1℃。
気温差20.6℃でした。
今日は、桜の花の舞う中を、昨日の25日に今シーズンのオープンをした、
ビンサンチ美術館へと。訪ねるのは今回が初めて。
CGとミクロアートの世界です。ワンちゃんもかわいかった。
AZUMINO_20140426_05.JPG
AZUMINO_20140426_04.JPG
AZUMINO_20140426_03.JPG
お庭もギャラリーとなっています。
AZUMINO_20140426_01.JPG
AZUMINO_20140426_02.JPG
今は製作されていない、セラミックの作品を購入してきました。
ヤマセミさん。
AZUMINO_20140426_06.JPG
テラス席で無料のドリンクをいただきました。
暖かく気持ちのいい時間をすごさせていただきました。
ありがとうございます。
HP:ビンサンチ美術館

3月に入ってオープンした、ちひろ美術館に行ってきました。
AZUMINO_20130302_1.JPG
現在行われている企画展を見てきました。
企画展は、5月7日までの予定です。

手から手へ展
 -絵本作家から子どもたちへ 3.11後のメッセージ-

from hand to hand.jpg

子どもの本に関わる日本の絵本作家たちが中心となり、
「3.11後の世界から私たちの未来を考える」というテーマで
世界の仲間たちに呼びかけて作品を募った展覧会。
2012年にヨーロッパ諸国を巡回してきた展覧会が、日本で初めて開催されます。
7カ国110名の作品を展示し、画家たちの想いを届けます。
2013年、当館を皮切りに国内を巡回します。

(ちひろ美術館HPから)
作品には、絵本作家さんたちからのメッセージが添えられています。
一枚一枚、目を通してきました。
企画展開催中には、絵本作家さんたちとのワークショップもあるようです。
詳しくは、HPで確認をお願いします。

HP:安曇野ちひろ美術館

国内では安曇野を皮切りに、東京、島根、京都で開催されます。

HP:手から手へ

AZUMINO_20120325_6.JPG
今シーズンの最初の展示「春さき」を見てきました。
木村香菜子さん藤田千絵子さんyurulikuさんの企画展です。
AZUMINO_20120325_1.JPG
AZUMINO_20120325_2.JPG
藤田さんの作品は、お家でも使ってます^^
AZUMINO_20120325_3.JPG
yurulikuさんの文具、いいです。楽しい^^
AZUMINO_20120325_4.JPG
AZUMINO_20120325_5.JPG
「春さき」は4月1日まで。
HP:ギャラリー・シュタイネ

先日の日曜日に、田淵行男記念館で行われている、
「田淵行男 安曇野回想」を見てきました。
今年3月から行われていました^^;;
戦後から、田淵行男が撮影し続けた安曇野の景色。
田淵行男の、変わり行く安曇野への想いがそこにあります。
会期は、7月3日(日)まで。
HP:開館20周年記念収蔵コレクション展Part.2「田淵行男 安曇野回想」
さて、またしても安曇野を離れますが、心に引っ掛かっていることがあります。
ケガをした白鳥です。
どうしてるだろうか?流されていないだろうか?
大丈夫かな。
週末会いに行ってきます。

今日の安曇野めぐりの最後に訪ねたのが、
ギャラリー・シュタイネさんです。
現在の企画展は、松原幸子さんglass works 「本棚と引出し」です。
AZUMINO_20110502_13.JPG
好きなんですけどね、なかなか手が出ない。。。。。
AZUMINO_20110502_15.JPG
AZUMINO_20110502_16.JPG
AZUMINO_20110502_17.JPG
昨年広がったスペースがカフェスペースとなっていました。
AZUMINO_20110502_14.JPG
常設展スペースが広がったり、
今年もシュタイネさんはバージョンアップしています!!
「本棚と引き出し」は、5月8日まで。
時間は、10時から18時まで
最終日は16時までとなっています。
詳しくは、HPで確認をお願いします。
HP:ギャラー・シュタイネ

AZUMINO_20101204_10.JPG
昨日、シュタイネさんのクリスマス展「X’mas Box」を見てきました。